5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

リゾナントブルーAnother Versからストーリーを想像するスレ 第3話

1 :名無し募集中。。。:2008/04/27(日) 22:29:06.99 0
前スレ
リゾナントブルーAnother Versからストーリーを想像するスレ 第2話
http://ex24.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1208587442/

まとめサイト
http://resonant.s336.xrea.com/cgi-bin/up/index.cgi

テンプレ>>2-11ぐらいまで

870 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 03:47:12.95 0
とりあえずこの辺で一旦切りますね
続きも調子こいて投下させていただけるようでしたら
明日あたりにでも・・・

>>851
姉重キタッ!そういうネタの使い方スゲー好き・・・
二重人格的なキャラとか個人的にスゲーツボですw
バトルシーンもカッコイイ

871 :97:2008/05/04(日) 03:50:14.29 0
寝ようとしたらキター!
明日も楽しみにしてます

872 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 04:01:10.67 0
気になるところで切るなおいw
でも引きってそうあるべきだよね
続き楽しみw

873 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 04:16:47.38 0
卒メンがハロモニコントそのままなんで想像し易いw

874 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 04:16:58.17 0
もうすぐ朝ね

875 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 05:20:09.13 0
小ネタちりばめて進めるとかうまいねえ
wktk

876 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 07:53:58.81 O
リゾナンターおは

877 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 08:45:05.82 0
書き手が一時期と入れ替わっている感じがするね

878 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 09:05:31.85 0
>>870
そんな〜
何で切るの?!!
続き下され!!早うっ!

879 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 09:30:03.26 0
いや長いの短いのに関係なく書くのってけっこう精神力削るよ
自分だけかな?w

880 :名無し募集中。。。 :2008/05/04(日) 09:30:30.52 0
GWになったらいっぱいきましたねえ

>>851
さゆは多重人格なのか!?
しかしさゆのお姉ちゃんの性格で破壊的な能力使われるとなると怖すぎるw

>>870
ハロモニ劇場風味面白い
あとさゆの心の中の突っ込みが普段からやってそうでいいね

881 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 10:29:50.74 0
さえみの能力は一体何だったんだろ?

882 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 11:30:10.19 0
サイコキネシスとちゃうやろか?

883 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 11:32:57.82 0
さゆみが物質を再生する力とすればさえみはそれの裏返しの物質を崩壊させる力

という脳内設定です

884 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 12:19:19.55 0
次回予告
陽が昇りいつもと変わらぬ仕事や学園生活をこなしてゆく
陽が沈みいつもと変わらぬ時間・場所に集まってゆく
愛の瞳にうつるのはいつもと変わらぬミーティング風景・メンバー
愛はいつもと変わった質問をメンバーに問いかけた・・・
ttp://toromoni.mine.nu/up/files/data/17/toro17097.jpg
「みんなはいつも何を願って闇と戦っているの?」

『人類の為・正義の為・生きる為・自分自身に勝つ為』
皆それぞれの答えを出してゆくメンバー達

   最後にジュンジュンが答える番になり
      すかさず誰かが答える
『どうせいつもの バナナ腹イッパイ食べたい為でしょ!』
 少しムッ!としながらジュンジュンは答える
ttp://toromoni.mine.nu/up/files/data/18/toro18259.jpg
  「イイエ 違いマース!私の願い それは・・」
「ミンナが安心しテ バナナが食べられる 平和な世界デーース」

皆いい顔をしていた 今日は良いミーティングになったと愛は思った
 何気ない『いつも』はちょっとしたのきっかけで
    少しずつだが変化を見せていくのだ


次回かなしみ戦隊リゾナンター「I WISH」

ttp://toromoni.mine.nu/up/files/data/18/toro18248.jpg
  私の願いは・・・未来の希望である 
 あなた達の願いで世界を変えていくこと

885 :名無し募集中。。。 :2008/05/04(日) 13:35:00.17 0
なんかキテター
ジュンジュンw

886 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 14:31:27.67 0
ジュンジュンといえばバナナは定着したなw

887 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 15:10:01.17 0
こはみつ編いきます 時期としては、まだみっつぃーやジュンジュン、リンリンがリゾナンターになって日が浅いくらいです



888 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 15:10:42.61 0
その日、久住小春は仕事を終えて喫茶リゾナントへと向かっていた。
仕事自体は何てことのない、雑誌のインタビューだったのだが…
自分を作って質問に答えていくという「作業」に、若干疲れを覚えたのは仕方のないことかもしれない。
前までの小春なら、難なくその作業を片付けることが出来たが…
今の小春には、二つの顔がある。
芸能人、そして、ダークネスと闘う超能力者集団リゾナンターの一員。
最近では、15歳という年齢の割に大人っぽいという評価をされるようになってきたが、
小春はそのことに対して何も思うことはなかった。
ただでさえ、芸能人として普通の女子高生とは異なる日常を送っているというのに、
超能力を使って悪の手先と闘う日々…これで、大人びない方が無理な話かもしれない。

「…?」

ふと、何か聞こえた気がして小春は歩みを止めた。
音の正体を探るように、小春は耳を澄ます。
その音は、路地裏の方から聞こえてくるようだった。
日も暮れてきている、けして治安のよいとは言えない街の路地裏に足を向けるのはあまり気が向かないことだったが、
小春は意を決して音の聞こえてくる方へと歩みを進める。
音の正体が、一歩一歩近づく度にはっきりしてきた。


889 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 15:11:24.27 0
「…捨て猫、か」

小さく呟いて、小春は足下で鳴き声をあげている子猫に感情の見えない瞳を向ける。
目こそ開いているが、小春の手のひらくらいの大きさしかない子猫。
種類が何かまでは分からないが、少なくともここに放置していたらそう遠くないうちに死んでしまうことは、
動物を飼ったことのない小春にも分かった。
目の前の子猫は鳴き声こそあげるものの、殆ど動こうとはしなかったから。
小春は、ため息を一つついて子猫を箱からひょいと拾い上げる。
捨てた人間は、多分考えも動物に対する愛情も浅い人間なのだろう、と小春は冷笑を浮かべた。
子猫の入っていた箱は、ぼろ布こそ敷き詰めてあるものの、深さがあり…
とてもじゃないが、子猫が自力ではい上がるには厳しく。
また、雑音の激しい街の路地裏という、余程耳のよい人間でもない限りは鳴き声に気づかないところに子猫を放置したということ。
捨てた人間に不快感を覚えつつ、小春は路地裏を後にした。


「めっちゃ可愛い、小春、どこで拾ってきたとー?てか、この子弱ってる…愛ちゃん、ミルクないー?」
「ちょっと待ってて、今出すから」
「この子、種類何なのかなー?絵里、分かる?」
「分かるわけないじゃん、そんなの」

リゾナントに着いた途端、これである。
小春は小さく苦笑しつつ、手の中の子猫を見つめた。
耳がたれていて、茶色い縞々模様の体。
今は衰弱してるが、元気になった時には愛くるしい姿でリゾナンターの面々を癒してくれるだろう。
想像しただけで…やかましそうだ。

890 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 15:13:27.09 0
「その子、スコティッシュフォールドなんちゃいます?耳のたれ具合とか、色とか」
「そうなの?あたし動物とか飼ったことないから、全然種類とか分かんないや。みっつぃーは何でも詳しいね」

みっつぃーと呼ばれた少女…光井愛佳は、小春の言葉に少し照れたように笑った。
普段、小春は愛佳に対しては憎まれ口しか叩かないせいだろう。
珍しく、小春が普通に言葉を返してくれたことに愛佳は嬉しさを感じずにはいられない。
住んでいる環境などの違いは多々あれど、小春と愛佳は同学年で、同じリゾナンターの一員。
愛佳としては友達、とまではいかなくても…仲良くなりたいという
気持ちはある。その気持ちを知ってか知らずか、小春は愛佳に冷たいわけなのだが。

「小春、この子どうすると?家で飼うと?」

先輩である、田中れいなの言葉に小春は少し考え込む。
普通の女子高生として生活を送っていれば、迷うことなく飼うのだが、小春は芸能界に身を置いている。
1人暮らしなので、親の許可がいるとかそういうことはないが、逆に同居人がいないということがネックだ。
写真集の撮影などで、数日家を空けることも少なくない現状を考えると、飼うことは厳しい。
だからといって、またこの子をあの路地裏に捨ててくることも出来るわけもなかった。
子猫の姿に、両親に捨てられた自分を投影してしまったから。
小春が答えに困っていると、リーダーの高橋愛が助け船を出した。

891 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 15:14:26.24 0
「この子、うちで飼うわ。小春の環境やと、満足に面倒みてあげれんやろし」
「あー、何か忘れそうになるけど、小春って芸能人なんだもんね。確かに、小春の環境じゃ動物飼うのはきついね」

サブリーダーの新垣里沙の言い方に、小春は少々ムッときたものの特に言い返すことはしなかった。
リゾナンターとして闘うために小春は仕事量を調整してもらってるため、
リゾナンターの面々と出会う前よりもテレビなどの媒体に出る機会が減ったのは事実。
加えて、芸能人モードをオフにしている時の小春は美少女でこそあるものの、愛想や「華」がまるでない。
リゾナンターの面々が、小春が芸能人であることを忘れそうになるのも無理はない話だった。
小春は、お願いしますと頭を下げ、手の中の子猫を愛に手渡した。
手渡したその時、少し寂しそうな感情を表に出してしまったことに小春は気付かない。

「名前とかどうすると?小春が拾ってきたんだから、小春が名前を付けるっちゃろ?」
「…名前、ですか…どうしようかな」

とりあえず、リゾナントに連れてくればいいだろうくらいの感覚で拾ってきた子猫である。
ましてや、自分で責任持って世話をするわけでもないのに名前を付けるというのは、何だか変な感じがしなくもないなと小春は思う。
だが、拾ってきた自分に名付けの権利がある以上、何か名前を考えなければならない。
小春は、悩んだ挙げ句にこう答えた。

「ミー、にします。 覚えやすい名前の方が、みんなも呼びやすいでしょうし」
「おぉ、この子はミーという名前になったんですカ。呼びやすい名前ですネ」
「ミー、バナナ食べるカ?」
「ジュンジュンー、どう考えてもその子、バナナ食べないから。自分で食べてなさい」
「ミルク、どうやって飲ませたらええんやろ?なぁ、誰か知ってるー?」

892 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 15:14:53.37 0
ミーが周りの面々に囲まれてるのを見て、小春は小さく微笑む。
ミーは、孤独ではなくなった。一人は寂しい、きっと猫であったとしても。
ここに居れば、誰かしら構ってくれるだろう。
寒さに震えることも、怖い野良犬に噛み殺される
こともない。小さく微笑みを浮かべてミーを見つめる小春に、愛佳は穏やかな眼差しを注いだ。
普段、あまり笑ったりしない小春の笑顔は、愛佳のみならずリゾナンターの面々にとっても貴重なもの。
皆、小春の微笑みに気付きながらもあえて触れようとはしなかった。
そのことに触れたら、きっと小春は無表情になってしまうから。

「高橋さん、子猫にミルク飲ますんやったら、パンにミルクをひたすとええですよ。おっぱいの代わりになるし」
「みっつぃー、詳しいじゃん。昔、飼ってたの?」
「いえ、家で飼ったことがあるわけじゃないんですけどね。
 前に、野良の子が歩けるようになるまでの間、そうやって世話しとったんで」

会話をBGM代わりにしながら、小春はカバンから手帳を取り出して予定を確認する。
仕事の予定は数日ないが、義務教育期間中の身である小春は、中学校に顔を出さなければならない。
学校に顔を出したところで、今更授業の内容についていけるわけもないのだが。
仕事のない日は必ず学校に行くということが事務所との契約内容に入っている以上、
授業についていけなかろうとも行かねばならない。
小春は、手帳を仕舞いながら愛に話しかける。


893 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 15:15:20.32 0
「高橋さん、明日からちょっと中学の方に行かなきゃいけないんで、あたしそろそろ失礼しますね。ミーのこと、よろしくお願いします」
「あいよ、まかしといてやー」

皆のまたねーと言う声に会釈を返して、小春は店の外に出る。
青白い月が、青みがかった黒い空に浮かんでいた。
遅くなったからといって、怒る親が家に居るわけでもないのだが、何となくあの場にいるのがこそばゆくなったから。
歩き出した小春に、後ろから声がかかる。
振り返ると、愛佳が小春を見つめていた。

「どうかした?用事ないなら、あたし帰るけど」
「あの…明日も、リゾナント来てくれはりますよね?」
「多分ね。んじゃ、おやすみ、みっつぃー」
「おやすみなさい、久住さん」

みっつぃーは変わった子だなと、小春は再び歩き出しながら思った。
普段からあれだけ素っ気なく対応しているというのに、愛佳はいつも小春に笑顔で話しかけてくる。
迷いのないキラキラした目で見られると複雑な気持ちになってしまうのは、多分、羨ましいから。
小春がいつしか失ってしまった、純粋な眼差しを愛佳は持っている。
その純粋さに惹かれているのに、素直に愛佳の手を取ることが出来ない自分自身に小春は自己嫌悪を感じずにはいられなかった。
素直に接することが出来れば、きっともっと楽になれるのに。
何となく、小春は振り返ってみる。愛佳はまだ、店の出入り口から小春を見ていた。
目が合うと、愛佳は手をぶんぶんと振ってくれる。

「調子狂うな…本当」

でも、小春にとってけして嫌な気分ではなく。
口元に浮かぶ笑みを自覚しながら、小春は愛佳に手を振り返した。


穏やかな日々は続かない。−−−数日後、悲しみがこだまする。


894 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 15:17:48.15 0
以上です、後編はGW中に書き上がればということで
区切り位置がおかしいところがあるかと思いますが、後編ではもう少し読みやすくなるよう心がけます

895 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 15:40:04.29 0
乙です
すごく文章がうまいなあ
後編が楽しみです

896 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 15:53:07.04 0
まとめの人様

>>888-893のこはみつ編を書いた者です 申し訳ないのですが、まとめサイトに掲載する際に>>888のただでさえ〜の一文にある、
「女子高生」という単語を「女子中学生」という単語に書き換えていただけないでしょうかorz

よろしくお願いいたします

897 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 16:09:35.36 O
後半気になるのが2つも_| ̄|○
作者さん乙です
楽しみに待たせてもらいます

898 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 16:11:07.29 0
まだ女子中学生って設定なんですね
自分の中では女子高生だったんですけど

899 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 16:14:51.28 0
まとめの人

890の普通の〜から始まる一文も、「女子高生」→「女子中学生」に書き換えをお願いいたしますorz
何度も申し訳ございません

明日の大阪、娘。達頑張れ保守



900 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 16:44:10.08 O
乙です
続き気になる

901 :まとめの人:2008/05/04(日) 17:08:48.22 0
>>896 >>899
了解でっす
ということでそれぞれうpしておきました。

>>679-695 高橋+6期3人編を「高橋+6期(新分類)」へ
>>704 次回予告「LOVEマシーン」
>>708-712 特撮モノを「番外編」へ(異論あればよろ)
>>720 次回予告「女子かしまし物語」
>>727 ゲームその2をリンク集へ
>>750-765 愛ガキミティバトルモノを「愛ガキ」へ
>>783-796 こはみつ出逢い編?を「こはみつ(新分類)」へ
>>802-807 屋上広場編を「番外編」へ
>>833-850 姉重登場編を「道重さゆみ」へ
>>859-869 6期出逢い編続き を「6期」へ 前スレからの続きと言うことでリンク張りました
>>884 次回予告「I WISH」
>>888-893 こはみつ編を「こはみつ」へ

したらばの更新履歴にも同じことを書いてあります

902 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 17:23:33.54 0
まとめの方乙です!

903 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 18:15:02.02 0
ストーリーだけで68件にもなったんですねえ
まとめサイトがあればこそ作者さんの意欲も高まるのだと思います
多謝!

904 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 18:43:45.17 0
黄昏のリゾナント

905 :名無し募集中。。。 :2008/05/04(日) 19:28:10.84 0
900超えたしテンプレの修正って何かある?
まとめのURLの変更と愛ちゃんとさゆとリンリンの能力追加は行うけど

906 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 19:39:37.93 0
能力ってどこまでテンプレ化すべきなのかなあ
パラレルな面もあるし

907 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 20:10:46.49 0
乙です
まとめ人さん
>>905
それで問題ないと思います

908 :名無し募集中。。。 :2008/05/04(日) 20:13:05.80 0
テンプレって全部ストーリーを想像するための参考だと思ってるんだけど
書いてあるとで制約になるなら>>1に追記するとかかな
「設定や能力は作者の自由です」とか

909 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 20:22:01.96 0
このあたり

109 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/04/20(日) 01:06:39.61 0
作家さんは特に設定に従う必要ないだろ
各々自由な発想で思うように書いてもらえばいいと思うの

110 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/04/20(日) 01:07:32.73 0
>>109
それはそうなんだけどね
あまりに設定に逆らったものは書きづらいよやっぱり

111 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/04/20(日) 01:08:43.84 0
適当でいいんだよ適当で
これが正解ってのはないんだし
色んな人が書き込んでるわけだからケースバイケースでシナリオが大まかに動いていけばいい

112 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/04/20(日) 01:09:20.34 0
設定というより写真を元にした素材ぐらいの考えでいいんでないかと

114 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/04/20(日) 01:15:10.32 0
長文でシナリオを書く人もいれば、写真で一言でシナリオを作ってく人もいれば
AAで語る人もいれば、ギャグでお笑いを入れてくる人もいる

色んなパターンでありだと思うよ


371 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/04/21(月) 23:17:53.00 0
何でも有りがこのスレの強みかもね
様々なアイデアが飛びかってるのが面白いと思う・・・
そのアイデアに職人さんが共鳴して発展させていくのを見るのが醍醐味のような

910 :まとめの人:2008/05/04(日) 21:12:12.72 0
ささいなことですが、各作品のページの一番下から前後作品が見られるようになりました
同じ分類の間でのみ適用です。

(例)
 高橋編(2)34 から 高橋編(1)477 と 高橋編(2)482 へのリンクが張られる
 高橋編(1)477 からは 高橋編(2)34 へのリンクしかない MM。分類へは行けない

最初から読み返したりするにはいいかもしれません
記事に新着マークとか付けたかったんですがよくわからなかったので後回し

911 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 21:24:36.56 0
あー便利だねそれ

912 :名無し募集中。。。 :2008/05/04(日) 21:31:36.86 0
>>910
乙まめだね

913 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 21:36:56.57 0
ttp://toromoni.mine.nu/up/files/data/17/toro17097.jpg
今気付いたけど「Dickies」って「刑事」らしいな……
なんかネタになるかな

914 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 21:39:50.30 0
警視庁超常犯罪取締課

という肩書きだけ貰ってるとか
でもこの前「キミ犯人じゃないよね?」で超能力を使った犯罪は罪に問われないって言ってた

915 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 21:44:43.85 0
次回予告
加護のダイイングメッセージを受け取ったリゾナンターは決戦に備える
故郷の両親へ顔を見せに行く者や訓練に励む者 メンバーそれぞれ
取る行動は違えど 全員の眼は力で満ち溢れていた!!

       約束の場所へ再び集まるメンバー達

      愛は皆を見渡し やがて1人つぶやいた
ttp://toromoni.mine.nu/up/files/data/18/toro18248.jpg
「たくさんの仲間ができた・・・そしていろいろな悲しい出来事
嬉しい出来事があり・・本当にすばらしいチカラが集まった・・」

 頭の中でその1つ1つ違うチカラをまるで指揮者の如く美しく操り
1つに束ねる自分をイメージする・・・そしてゆっくりと目を開ける愛

 迷い無きその眼差しはまっすぐに大きな満月を見上げている
ttp://toromoni.mine.nu/up/files/data/17/toro17097.jpg
         「・・いける!」
「今夜この月に誓うよ必ず終わらせる そして全員で戻る」
 月明かりが9人の姿を 祝福するかの様に照らし出した


次回かなしみ戦隊リゾナンター「Mr.Moonlight〜愛のビッグバンド〜」

ttp://toromoni.mine.nu/up/files/data/15/toro15441.jpg
     『かなしみ戦隊リゾナンター 出撃!!』

916 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 21:45:38.77 0
次回予告
基地へ侵入 数々の強敵を倒しつつ リゾナンターは
中心部までたどり着こうとしていた・・・そのとき!

ttp://toromoni.mine.nu/up/files/data/17/toro17096.jpg
      前方に9つの影が歩み寄る!

ダークネスが最後に送り出した相手は リゾナンター自分自身
9人のクローン!なんと以前に里沙を使いデータだけではなく
メンバーのDNAを入手 クローン化に成功していたのだ!

  自分と同じ姿 同じ攻撃 同じ行動・・強い!!

しかしそれは 昔のかなしみを背負った自分 1人ぼっちだった自分
今は1人じゃない 仲間(みんな)がいる事を思い出せリゾナンター!!!

・・・はたしてリゾナンター達は過去の自分に
          打ち勝つことが出来るのだろうか!!


次回かなしみ戦隊リゾナンター「歩いてる」

ttp://toromoni.mine.nu/up/files/data/15/toro15441.jpg
「昔の私達は立ち止まっていた 今は違う
歩き続けているのよ!! どこまでも!!」

917 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 21:48:08.32 0
次回予告がだんだん最終回に近づいてきたなw

918 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 21:49:04.57 0
警察でも自衛隊でも対処できない事件に対抗するための国家機関
特別防衛庁に属する者 とかそういう感じ?

次回予告が素敵過ぎて泣ける・・・皆成長したなぁ

919 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 21:54:46.58 0
>>916
今までの次回予告シリーズの中で一番好きかもw

920 :まとめの人:2008/05/04(日) 21:55:23.64 0
>>915 次回予告「Mr.Moonlight〜愛のビッグバンド〜」
>>916 次回予告「歩いてる」

ちょうどリロードしてたら更新キターのでうpしました

>次回予告の方へ
これってもしかしてシングル発売順よりも作品発表順の方がよかったりしますか?

921 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 22:20:41.85 0
>>920いえシングル順でいいと思います
人によっていろいろ組み合わせでストーリーが変わって
面白そうですし!女に幸あれは他の方がすばらしい作品を
作ってくれていますので 残り2つです がんばります!
モーコーは最後にしたいのでまとめにある良作(他の方の作品)
と曲名かぶります

922 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 22:21:09.65 0
>>914
超能力をつかった犯罪を裁く法律というか犯罪を証明する証拠がないからね。
だからこそ「警視庁超常犯罪取締課」で特命刑事として活動を

923 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 22:30:31.50 0
特命警察かあ
個人的には孤独を背負った単体組織の方がイメージに合うけどなあ
まあ人それぞれなのがこのスレだもんね

924 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 22:44:25.64 0
次回予告も「かなしみ戦隊」の人でまとめてほしいなぁ

925 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 22:55:51.32 0
オープニング

共鳴を心に感じ
共鳴の力を手にする超能力―「リゾナント」
リゾナントに相対する2つの"勢力"あり
1つ!正義の超能力「悲しみのリゾナントブルー」!
1つ!邪悪な超能力「暗黒のザ・ダークネス」!
戦う宿命の超能力者達は日々、
高みを目指して、
学び、
変わる!

♪Cry Cry Don't Cry! 私を好きなの
♪Tonight Tonight Kiss しない! 遊びじゃキスしない!

「悲しみ戦隊! リゾナンター!!」

♪軽い子によく見られる―――――

926 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 22:57:09.72 0
じゃあダークネスの後に幻の能力者達が(ry

927 :名無し募集中。。。 :2008/05/04(日) 22:57:54.41 0
>>914
超能力というか呪いとかを含めて不能犯って罪に問われないでしょ

928 :名無し募集中。。。 :2008/05/04(日) 23:00:06.45 0
>>925
ナレーションの声は誰を想定するのがお奨めなんだろうw

929 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 23:00:30.78 0
オープニング

リゾナント それは 聖なる力!
リゾナント それは 未知への冒険!
リゾナント そしてそれは 勇気の証!

♪Cry Cry Don't Cry! 私を好きなの
♪Tonight Tonight Kiss しない! 遊びじゃキスしない!

「悲しみ戦隊! リゾナンター!!」

♪軽い子によく見られる―――――

930 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 23:04:59.99 0
オープニング

西暦2000年の孤独な超能力者たちと
ひとりの女が出会った
新しい時を刻むために・・・

♪Cry Cry Don't Cry! 私を好きなの
♪Tonight Tonight Kiss しない! 遊びじゃキスしない!

「悲しみ戦隊! リゾナンター!!」

♪軽い子によく見られる―――――
――――――Help Me! Help Me! Help Me!

この番組は
楽しい時を作る企業―バンダイ―と
ご覧のスポンサーの提供でお送りします


931 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 23:05:26.80 0
オープニング

友よ、キミはなぜ 悪魔に魂を売ったのか?


♪Cry Cry Don't Cry! 私を好きなの
♪Tonight Tonight Kiss しない! 遊びじゃキスしない!

「悲しみ戦隊! リゾナンター!!」

♪軽い子によく見られる―――――

932 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 23:08:24.01 0
>>931
wwwwwwwwwwwwww君とは友達になれそうだwwww

933 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 23:10:22.24 0
>>931
http://jp.youtube.com/watch?v=GJTCXN7eWVM
これかw

934 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 23:14:11.19 0
>>933
出演者見てちょっと驚いたw

935 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 23:15:32.62 0
>>931
青春!炸裂!ファイヤー!!!wwwwwwwwww

936 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 23:17:50.91 0
なんかテーマ的にはリゾナンターとダークネスの関係に似てるんだよねw

937 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 23:18:24.84 0
お前らときたら・・・w

938 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 23:22:48.14 0
自分はさすがにライブマン世代じゃないッス先輩方w

939 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 23:25:30.86 0
そうかここの作者さんたちは八手三郎なのかw

940 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 23:26:50.12 0
いや、井上先生風味も多いだろw

941 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 23:28:34.13 O
漏れには何の事だか・・・ライブマンわからにゃい(汗

942 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 23:32:17.39 0
ライブマンって最近じゃん

943 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 23:36:32.39 0
1988年って書いてあるね
最近か?w

944 :名無し募集中。。。:2008/05/04(日) 23:39:24.17 0
たった20年前・・・

945 :名無し募集中。。。:2008/05/05(月) 00:00:01.49 0
真夜中のリゾナント

946 :名無し募集中。。。:2008/05/05(月) 00:07:35.56 0
一応書きましたので
あんまり戦隊ヒーローっぽく無い話なんですが・・・
>>859-869 6期出逢い編と
>>888-893 こはみつ編が来るまでのつなぎとしてアップさせて下さい

947 :高橋田中光井:2008/05/05(月) 00:09:42.74 0
 その日、高橋愛は仕入れのために喫茶リゾナントを留守にしていた。
代わりに留守を任されたのは、田中れいなと光井愛佳だった。

「お客さん、来んね」ため息混じりに田中が言う。

「ですね……ゴールデンウィークはダメですね……」

「去年のゴールデンウィークは、皆で鬼怒川温泉行ったと。そこに写真が貼ってあるっちゃろ」

「ほんまや!気付けへんかった……アァ〜みんな楽しそう。うちも行きたかった」

「また、そのうち行くっちゃろ」

「写真にちゃんと、リゾナントって文字が入ってる。誰かがパソコンか何かで入れたんですか?」
 そう言ってキーボードを打つ真似をする光井。

「そうじゃなか。それ、エクトプラズムとよ。よく、見てみ。小春の口から出とるっちゃろ?」

「ええええぇぇぇ!」

「あいつ、意外に器用なとこあるけん」

「器用て!……白目むいてるやないのっ!」

「小春、無理して英語で出したから。最後のスペル吐き出すところで力尽きちゃって……しかも綴りも間違ごうとるやろ」

「……本当だ!これじゃあ、レズノートだ!」

948 :高橋田中光井:2008/05/05(月) 00:11:04.56 0
 二人が暇に任せて他愛も無い話をしていると
喫茶リゾナントの前に3台のワゴン車が停まり、スーツ姿の男達が数人、入って来た。

 光井は呑気に「いらっしゃいませ」と声をかけたが、田中は男達がコーヒーを飲みに来た訳では無いと見抜いていた。
幼い頃から身寄りも無く、都会をサバイバルして来た田中の直感が、男達の悪意や邪心を鋭く感じ取った。

田中が乱暴に言う。「何ね?」

  警戒心をあらわにする田中。それを、なだめる様に一人の男が満面の笑みを作りながら言った。
「光井愛佳さんは、いらっしゃいますか?」

田中が言う「私ですけど」

男が作り笑いを止めて、店中に響き渡る様な声で怒鳴った。
「舐めた事ぬかすと、怪我するぞ。お前!」

 光井がその声に驚いて、ビクンッと身を硬くする。
田中は顔色を一つ変えずに「おっさん、ウルサイ。表で話そう」と言って男達の間をすり抜ける。

  男は田中を無視して、光井の所まで行き、声をかける。
「光井愛佳さんですね。一緒に来て頂けますか?もちろん、暗くなる前に、車で送りますので」

怯えた様子で、口ごもる光井。
田中が走ってきて、男と光井の間に割って入る。

「もう、閉店やけん、帰ってくれん?」

949 :高橋田中光井:2008/05/05(月) 00:12:15.45 0
 男は「舐めてると、怪我するって言わなかったっけ?」と言い、田中を睨みつけたままで食器棚を指差した。
その刹那、棚にある食器が全て、凄まじい音と共に割れた。

 光井は驚いて、その場にしゃがみ込む。
田中は散乱した食器の破片をチラリと見て「あんた、念動を使うん?」と言った。

「そこを、どけ。次はお前の頭を吹き飛ばすぞ」と男が凄む。

「やってみな。脳しょうで、そんスーツば、汚しちゃるけん」

男は後ろに居る仲間達に確認する。

「面白いね、このガキ。確か、アンプリファイア( 増幅能力者)だろ?攻撃系の能力は無いんだよな?」

男は田中に向き直り、手の平を見せ「ハンドパワーです」と言っておどけたかと思うと突然、田中の頬を思い切り叩いた。
あまりの衝撃に田中は一瞬、気が遠のく。

「念動を使うと思ったろ?」男が笑う。

 田中が睨みつけると「何だ!その目は!」と怒鳴り、男は手を振り上げる。
田中が頬を庇って身を硬くすると、今度は念動を使って田中の二の腕を切り裂いた。
血が噴出し、骨が見えた。田中は、激痛に顔をゆがめる。

950 :高橋田中光井:2008/05/05(月) 00:13:14.15 0
後ろで光井が震えていた。田中は光井に「大丈夫か?すぐ、追っ払ちあげるけんね」と言った。
男は鼻で笑い、スーツが血で汚れないようにして、田中を光井の前から押しのけようとした。

田中が叫ぶ「触るな!」

男は一瞬、イラッとした表情を見せると、念動を使って田中の頭部を切り裂く。髪の毛が弾け飛び、顔が血で染まる。

 田中の背中で、光井が堪らず泣き出す。田中が後ろ手に光井の手を握る。田中の手は震えていた。
光井は恐怖に押しつぶされそうになる。

(田中さんが怯えてる!)(殺される?)(震えてる?)(田中さんが震えてるのなら!)(抵抗しても無駄だ!)

 男は無理やり光井を引っ張り、田中から引き剥がす。
田中が追いすがると、男はレジの横に置いてあった花瓶で田中の頭を殴った。
花瓶は砕け、血が飛び散る。ガーベラが田中の髪の毛に絡みつき、顔の前に垂れ下がった。

その無様な格好を指して、男達が笑う。「花飾りが、よく似合うな!」「髪が横分けになっちゃった!」

 田中が唸る様につぶやく。「そん子に、触るな・・・」
おそらく、男の胸ぐらを掴もうとしたのであろう。
田中は、朦朧とした意識のまま、わななく手をゆっくりと前に突き出し、空(くう)を握り締めた。

 男が笑いながら言う「何だ?この手?腹痛てぇ!ちょ、お前ら、コレ!見て」男達が笑う。
田中は気を失いそうになるのを堪えながら、男の腰にしがみついた。
男のスーツが田中の血でべっとりと濡れた。
男は逆上し、田中を引きずりながら表へ出て、田中を持ち上げたかと思うと、アスファルトに思い切り叩き付けた。
田中はようやく、気を失い。男達は光井を連れリゾナントを後にした。

951 :高橋田中光井:2008/05/05(月) 00:14:13.09 0
亀井絵里と道重さゆみから連絡を受けた高橋愛は、大急ぎで喫茶リゾナントに戻ってきた。
道重に今しがた治癒を受けた田中れいながベットに寝ていた。

 まだ意識が戻らないと道重が言った。
高橋は田中の横に座ると、眠る田中の意識をリーディングした。

 高橋は今日、リゾナントで起きた事の全てを把握すると、怒りで身体が震えた。
道重は、高橋を見て息を呑む。あそこまで、目に怒気を宿した高橋をはじめて見た。

高橋は亀井と道重に光井愛佳がさらわれた事を告げ、「今から連れ戻してくる」と言った。

高橋は二人の返事を聞く前に、消えた。

952 :高橋田中光井:2008/05/05(月) 00:15:07.07 0
高橋は鉄塔の頂上に立って東京の街を見下ろしていた。
この街の何処かにいる光井愛佳の思念を探しているのだ。

 本来なら、どんなに優秀な精神感応力者でも
一千万人の意識が渦巻くこの街から、一人の思念を見つけるのは不可能である。
高橋は思考形態の特徴を手掛かりにしてはいなかった。

 高橋は先程、昏倒する田中れいなの意識をまさぐった時に、味わった心の震えを手掛かりとしていた。
(光井愛佳が私の思う人間ならば、その胸の内に鳴り響く音は抑えられないはず)
高橋は、この街の何処かで共鳴する心の音に、じっと耳をすましていた。

953 :高橋田中光井:2008/05/05(月) 00:16:06.70 0
光井愛佳は、その施設に入ると目隠しを外され、一つの部屋に通された。
先程、田中れいなを傷つけて、自分をここに連れてきた人物はもう居なくなっていた。
しばらくすると初老の男性が部屋に来て、「私達の組織の予言者になって欲しい」と光井に告げた。

 何人かの人が来て様々な事を言ったが、そのほとんどは光井の耳に入って無かった。
光井の頭の中は、田中れいなの事で一杯だった。
田中の命に別状が無い事は、薄っすらと予知できたが、傷つけられた腕や頭部の後遺症までは分らなかった。

 光井が目を閉じると、先程のリゾナントでの情景が目に浮かぶ。
傷だらけになり、震えたいた田中れいな。
田中も自分も、ガタガタと震えていた。

 自分はあの時、震える田中れいなに見切りをつけて、あの男達に連れられて、あの場から逃げ出したのだ。
勇者とは恐怖を克服した者の事だとばかり思っていた。
でも、そうじゃなかった。

田中れいなは、恐怖に震える裸の命を、あの男と自分の間に差し出してくれた。

 勇気とはきっと、その命の震えの事を言うのだろう。
自分は本当の勇者を置き去りにして、恐怖から逃げ出した。

 田中は、血だらけになりながらも、後ろ手に光井を庇ってくれた。恐くて仕方ないくせに、最後まで立っていくれた。
その姿が光井の脳裏に、幾度と無く浮かぶ。
その度に、光井の胸の辺りに、何かが込み上げてきた。
その何かは、光井の胸の真ん中で、微かな音を立てた。
それは、次第に大きく鳴り響き、止む事が無かった。

田中のくれた、勇気が共鳴していた。

954 :高橋田中光井:2008/05/05(月) 00:17:12.09 0
高橋愛が、鉄塔の上で風に吹かれてから、ちょうど2時間が経過しようとした、その時だった。
目を閉じたままの高橋が、微かに微笑んで目を見開いて言った。「見つけた」
光井の心の共鳴が高橋に聞こえた。

 それは、巨大な新興宗教の施設の地下からだった。
目視が出来ない場所には、基本的に瞬間移動は出来ない。
一度でも行った事があって、その場所がイメージ出来れば別だが、
初めて訪れる場所ではせいぜい壁を一枚隔てた空間への瞬間移動が関の山だ。

 高橋は歩いて施設の中を探し【一般信者様の立ち入りを禁ず】と書いてある地下への通用口まで辿り着く。
高橋は意を決して、その中に瞬間移動する。


955 :高橋田中光井:2008/05/05(月) 00:18:18.12 0
巨大新興宗教の施設の地下4階。能力者研究施設。そのトレーニングルーム。

 そこでは30名ほどの子供たちを相手に、一人の青年が授業を行っていた。
体育座りをし、講師の青年を中心に車座になり、子供たちは読心術に関する説明を聞いていた。
すると、わずかに部屋の空気が震えて、講師の青年の真後ろに、高橋愛が現われた。
子供たちはザワつき声を上げる。「瞬間移動だ!」「はじめて見た!」「カッケェ!」
講師が驚いて言う「誰だ!あんた?」

 すると館内放送が響く。
『緊急警報。研究施設全域に告ぐ。施設内にレベル5の能力者が侵入した。侵入者は瞬間移動と読心を使う。
施設内に居る能力者は総動員し、侵入者の確保にあたれ。止む終えない場合は殺傷も許可する。
なお、能力者以外の者と訓練生は一般信者エリアへの避難を命ずる。繰り返す……』

 誰かが「レベル5!先生より上だぁ」と言うと、みんな笑った。
講師が慌てて言う「お前ら、笑ってる場合か!」

「先生、この人、悪い人じゃないよ。さっきから僕たちに、授業の邪魔してゴメンネって謝ってくれてる」

「そうだよ!先生だって、この人の事をカワイイって思ってるじゃないか!」

講師が顔を赤くして言う「コラッ!お前ら!……無闇に人の心を読んではいけないって、あれほど!」


956 :高橋田中光井:2008/05/05(月) 00:19:22.46 0
講師の青年が赤面してる間にも、高橋は子供たちと心で会話していた。
子供たちは(さらわれて来た女の子の事は知らないけど)と前置きをして
その代りに、幹部候補達しか入れないエリアの入り口をイメージしてくれた。

 高橋はお礼を言って消えようとすると、子供たちが肉声で尋ねてきた。
「上の世界ってどんな所なの?」「能力者は上の世界で暮らせないって聞いたけど、どうしてあなたは大丈夫なの?」
「わたし達も、上で暮らせるようになるの?」

 高橋も肉声で答える
「精神感応力に鍵を掛ける方法をマスターすれば、上も良い所よ。今度、先生も一緒に私の喫茶店に遊びに来るといいわ」
高橋は喫茶リゾナントをイメージして見せる。
「素敵なお店」「わぁ〜ケーキが沢山ある!」「先生!連れて行ってよ!」

 講師の青年が言う「この子達をここから連れ出すつもりか?」
高橋が答える「私が連れ出す訳じゃ無い、もし、そうなるとしても子供達の意思で出るのよ」
青年は言う「子供達をそそのかさないで貰いたい」
高橋が笑って答える「子供達はいつも、同じ方向を目指して旅立ってしまうものよ」
「同じ方向?一体、何処に行くって言うんだ」

「胸の高鳴る方へ」言い終わらないうちに高橋の姿は消えた。

957 :高橋田中光井:2008/05/05(月) 00:20:17.34 0
これより先は、このBGMを聞きながらお読み下さい。
↓プッシュ&リターン↓
http://jp.youtube.com/watch?v=Z-2n7RogFRs


958 :高橋田中光井:2008/05/05(月) 00:21:22.36 0
高橋は子供達に教えられた、施設の最深部エリアの扉の前で耳を澄ませていた。
中には能力者たちが、50人〜60人はいた。
高橋は、ポケットのダート〈麻酔薬の入ったカプセルに、針が付いた物。麻酔銃の弾丸〉を確認し、その中に飛んだ。

100畳はあろうかと思われる、集会場には武装した能力者達がひしめいていた。
壇上のような所で、一人の男が資料を片手に大声で説明をしていた。

「……以上の点に留意する事。なお、確保が困難な場合は殺傷を許可する。銃火器の使用は同士討ちを避けるため……」
 男の言葉が突然、途切れた。
首筋に、ダートが突き刺さっている。
男はストンと、その場に崩れ落ち、その背後に高橋愛が現われた。
集会場に、どよめきが起こる。

幹部らしき男が声を上げる。
「その女がi914だ!仕留めれば、幹部への昇進を約束する!」

男達は色めき立ち、何人かは高橋に飛び掛った。
しかし、踏み込んだ先に、もう高橋は居らず、男同士で抱き合う格好になる。

高橋は、別の場所に現われて大きな声で言った。

「運動苦手な人〜!」

もちろん手を挙げる者など居ない。しかし、心が勝手に反応する。高橋はそれを読み取る。
(早い動きにはついて行けない)(俺の苦手なタイプだ)(こっち来るなよ)(何処に居る?)(見失った)
弱気な思考をした者の背後に高橋は瞬間移動し、ダートを首筋に刺す。
10秒と掛からずに8人が崩れ落ちた。

959 :高橋田中光井:2008/05/05(月) 00:23:04.27 0
「自分に不利な情報を考えるな!狙われるぞ!」誰かが叫ぶ。

幹部らしき人物が大声を上げる「皆、背後を取られるな!壁を背にしろ!」

刹那、高橋は幹部らしき男の頭上に現われ、首筋にダートを衝き立てる。

「みんな!……上にも注意だ」誰かが叫ぶと、その場に居た男達からドッと笑い声が沸いた。
「面白い!」「かかって来い!」「やるじゃないか!」「俺と遊ぼうぜ!」男達がいきり立ち、沸き上がる。

高橋はまた、別の場所から現われ声を発する。

「今日、うちの店で暴れた奴、この中に居る?」

(喫茶店)(砕け散った食器)(血だらけの女)(俺のスーツを汚しやがった)
一人の男の思考を嗅ぎ分け、高橋はその男の背後に飛んだ。
高橋は、男を後ろから抱きかかえると、男もろとも消えた。

 男が高橋に連れられて瞬間移動した先は、地上30メートル、ビルとビルの隙間だった。
男の身体はピッタリとその隙間にはまり身動きが取れずに居た。しかも、逆さまの状態で。

「た、助けて…下さい!」男が叫ぶ。
「光井愛佳は何処に居る?」高橋が聞く。男の脳内に光井の監禁されている部屋のイメージが浮かぶ。

次の瞬間、高橋は光井の監禁されている部屋に居た。


960 :高橋田中光井:2008/05/05(月) 00:24:26.09 0
高橋はベットに腰掛けている光井に言った「待った?」
光井は黙って首を振り「田中さんは?」と聞いた。
「まだ意識は戻らんけど、心配要らん。さゆが見ていてくれてる」
泣き出す光井。
高橋は光井の肩を抱いて言った。「帰ろう。……ちょっと寄り道しても良い?」



 逆さまの状態でビルとビルの間に挟まれた男は、何とかして体勢を変えようともがいていた。
ジリジリと身体を回転させ、逆さまから真横にまで体勢を持って来た。
「あ〜死ぬかと思った。あぁ〜頭に集まった血が引いて行く。この体勢、楽だわぁ〜」
 
 すると突然、高橋愛が横になった男の身体の上に現われた。
「あぁ、戻ってきてくださったんですね。何でもします。幾らでも払いますからどうか助けて下さい」
高橋が「ほい、忘れ物」と言って男の耳にガーベラの花を挿した。
「バイバイ」
「ネ、ちょ、待って!待っててばぁ」


終わり

961 :名無し募集中。。。:2008/05/05(月) 00:26:44.40 0
カッケー!愛ちゃん超カッケー!
個人的にはこういう感じが非常に好きです

それにしても「胸の高鳴る方へ」はシビれた

962 :名無し募集中。。。:2008/05/05(月) 00:27:02.32 0
長々とスレ汚し申し訳ありませんでした
長いよね
我ながら反省してます

963 :名無し募集中。。。:2008/05/05(月) 00:27:09.11 O
作者さん乙
やべぇリアルタイムですげえの見たw
しかもBGMが終わった瞬間に話も終わったwww
神業だΣ( ̄ロ ̄lll)

964 :名無し募集中。。。 :2008/05/05(月) 00:27:17.65 0
BGM付きとかwww
愛ちゃんがかっこよすぎる

965 :名無し募集中。。。:2008/05/05(月) 00:27:44.33 0
どっちかって言うとナイトヘッドとかそっち系の世界ですね
愛ちゃんの力がフルに発揮されててスピード感があって面白かったです

966 :名無し募集中。。。:2008/05/05(月) 00:28:59.59 0
>>963
やっぱ調整してたのかなw
俺も丁度BGMが終わったとこで読み終わった

967 :名無し募集中。。。:2008/05/05(月) 00:29:38.17 0
た、高橋に惚れた!
でもれいなの勇気もかっこいい

968 :名無し募集中。。。:2008/05/05(月) 00:29:45.95 0
ナイトヘッドほど重くないのでは
適度な重さと軽快さとが心地よかった
なによりメンバーみんなカッコいい!

969 :まとめの人:2008/05/05(月) 00:32:34.40 0
BGMどう処理しようか思案中w
これはあいれなみつとかの分類作った方がいいのかな?

368 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★