5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

  赤壁の戦いって実はショボかった説について  

866 :無名武将@お腹せっぷく:2009/05/14(木) 01:03:28
>>857の通り兵站に問題があったとは考えない。
他の方の意見にあるような、曹操軍を分散させていたとも俺としては思えない。
劉j傘下の郡県の令長太守の立場で考えると、劉jが降伏した以上、大勢力相手に抵抗する理由も力もない。
徐晃伝には中廬・臨沮・宜城の抵抗が見れるが、これらの県は劉jよりも劉備を支持し、
曹操を拒んで抵抗していたのではないかと思う。
これらの県以外にもそのような県があったかもしれない事を否定することはできない。

しかし、徐晃伝を見ると
“別働隊として”樊に屯し、中廬・臨沮・宜城の抵抗勢力を討った事になっている。

中廬・臨沮・宜城の3県は当陽より北に位置している。
時間軸を考えると、曹操の劉備追撃と、別働隊の行動は同時だったのではないだろうか。
中廬・臨沮・宜城が抵抗を示したとき、劉備はまだ曹操に追いつかれて居らず
荊州諸県が劉jを見限って劉備に組し一大勢力になる可能性が残っていた。
だから抵抗を示した。勿論、予想だけど。
(諸葛亮が劉jを攻めれば荊州を領有できる可能性があると説いた事から見ても
そのような情勢だったのではないかと推察できる。)

ところが劉備が蹴散らされ荊州から追い出されてしまい諸県は旗頭を失った。

この状態で、郡県の令長太守の立場になって考えると、
とても曹操に抵抗する気にはなれないんじゃないかなと思う。
徐晃伝に見える抵抗は劉備が蹴散らされる以前のものなのではないだろうかと思う。

曹操は江陵に入ったあと、各令長太守から人質を取ったのではないだろうか。常識だし。

荊州の中央には曹操の大軍があり、人を集められる柱となる人物も居らず、
人質まで取られては、とてもじゃないが大人しくなるしかないね。
小部隊をいくつか巡行させるだけで済むと思う。

335 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)